主イエス・キリストの教会 伊那エクレシア


ホーム

教会紹介

牧師紹介

教会理念

メッセージ

イベント情報

交通案内・地図

主とともに

お問合せ

メッセージ 2024.2.25

赦し合う

マタイ182335
18:23 このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。王はそのしもべたちと清算をしたいと思った。18:24 清算が始まると、まず一万タラント(30億円)の借りのあるしもべが、王のところに連れて来られた。18:25 しかし、彼は返済することができなかったので、その主人は彼に、自分も妻子も持ち物全部も売って返済するように命じた。18:26 それで、このしもべは、主人の前にひれ伏して、『どうかご猶予ください。そうすれば全部お払いいたします』と言った。18:27 しもべの主人は、かわいそうに思って、彼を赦し、借金を免除してやった。18:28 ところが、そのしもべは、出て行くと、同じしもべ仲間で、彼から百デナリ(60万円)の借りのある者に出会った。彼はその人をつかまえ、首を絞めて、『借金を返せ』と言った。18:29 彼の仲間は、ひれ伏して、『もう少し待ってくれ。そうしたら返すから』と言って頼んだ。18:30 しかし彼は承知せず、連れて行って、借金を返すまで牢に投げ入れた。18:31 彼の仲間たちは事の成り行きを見て、非常に悲しみ、行って、その一部始終を主人に話した。18:32 そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『悪いやつだ。おまえがあんなに頼んだからこそ借金全部を赦してやったのだ。18:33 私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲間をあわれんでやるべきではないか。』18:34 こうして、主人は怒って、借金を全部返すまで、彼を獄吏に引き渡した。18:35 あなたがたもそれぞれ、心から兄弟を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさるのです。」

マタイ715
7:1 さばいてはいけません。さばかれないためです。7:2 あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。7:3 また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。7:4 兄弟に向かって、『あなたの目のちりを取らせてください』などとどうして言うのですか。見なさい、自分の目には梁があるではありませんか。7:5 偽善者よ。まず自分の目から梁を取りのけなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。

 この聖書箇所で言われている借金・梁・ちりは何を意味するのでしょうか・・・?これらは“罪”を意味しています。イエス様は私たちの罪を十字架に背負い贖って下さいました。神様に対して大きな借金があったけれども、イエス様は私たちが釈放されるようにご自分の身を捧げてくださいました。ゆえに私たちは自由の身にされ神の子とされ天国の市民けんを頂きました。大きな罪を許されたのだから兄弟の罪を許すべきだと言われています。ある人は言うでしょう。「私は罪を犯していない・・・」とこの世の法律上の犯罪は犯していないかもしれませんが、神様の法律上は罪を犯しています。人に怒りを覚えた事はありませんか?人の持っている物(者)を欲しがった事はありませんか?自分が人より優れていると思った事はありませんか?これらは神様の法律(律法)によればりっぱな罪です。だから私たちは皆神様の前に罪人であり、この罪をイエス様を信じる信仰によって許されているのです。
次の御言葉を黙想しましょう。
 わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。  マタイ612(口語訳)
 もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。  マタイ61415

先ず人の犯した罪を赦し(7度の70倍)、自分の罪を許してもらいなさい。とイエス様は言われました。ある人は言います。「私の罪は既に許されている・・・」と、でもそれは原罪であって私たちには、罪を犯す性質があり、悪魔の誘惑によって罪を犯してしまいます。しかも毎日犯してしまうのです。「いいえ私は毎日罪を犯していません」と言うかもしれません。しかし考えてみましょう。あなたの行動や言葉によって人に対して心身の傷を負わせなかったと言いきれますか?だから毎日祈る“主の祈り”には人に対する罪の赦しと自分の許しが含まれています。
イエス様が弟子の足を洗われた時、全身は聖いから洗う必要はないと言われましたが、足は毎日汚れる(罪を犯す)が全身は汚れていない(罪を贖われている)ので洗う必要はないと言う意味です。

人を赦すには
 人の罪を赦すと言っても自分の努力では絶対に出来ません。赦すどころか“怒り”が沸いてきて抑える事が出来ません。何故なら罪の性質があるからです。ではどうすれば良いのでしょうか?聖霊様の助けが必要になります。「聖霊様あの人を赦す力を下さい、愛する力を下さい・・・」とお願いすれば良いのです。お願いすれば必ず下さいます。いつも喜んであなたを助けようとしておられるのですから。あなたが聖霊様に明け渡して下さい。それからイエス様が罪の思いを取り去って下さいます。

 私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。    ガラテヤ516